2019/04/24 00:00

ファッション産業は現在、多くの問題を抱えています。

ファストファッションの台頭により、生産現場の劣悪な労働環境、児童労働、搾取的な慣習も問題視され、大量消費が生み出す衣料品のゴミの山が地球環境を破壊し続けていることは目を背けられない現実です。
中にはブランド価値毀損のため懸命に縫い上げた製品が、誰からも必要とされないまま大量に廃棄されています。
また、衣料品の主な素材である綿の栽培による土壌、水質汚染も大きな環境汚染源であり、ファッション産業の温室効果ガス排出量は石油産業に次いで2番目に多いといわれています。
さらに国内の問題としては、安さを重視した海外生産品が日本の縫製職人たちを脅かし、高い技術力が失われつつある現状です。

これらを背景に、ファッションのあり方を見つめ直し、ものづくりに携わるものとして持続可能な製品づくりが必要だと考え、環境保全や社会貢献に配慮したエシカルファッションブランド「MUSKAAN(ムスカーン)」を立ち上げました。

MUSKAANでは、ヴィンテージ着物のアップサイクル衣料を製造、販売しています。
日本の伝統的なテキスタイルが持つ豊かな柄や素材に、近代的なアプローチを取り入れた特別で価値のある衣服を提案し続けていきたいと考えています。